topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好きな詩 - 2010.09.29 Wed

大学入ってすぐのころ大好きな詩集がありました。

いろんな思い出・・・

思い出します

銀色夏生さんの詩です

さっきホームページみつけました

http://www.ginironatsuo.com/index.html


  
「晴れ間」       銀色夏生


あわただしい毎日の中にぽっかりとあいた
晴れ間と静かな時間
庭の石の上に寝ころぶと
青空と それを縁どる緑の葉
そよぐ風

いつの間にか人は 人を愛している
それは止められない
なぜ人は 人と出会い
その人をかけがえのない人だと思うのだろう
その人は他の人とどこが違うのだろう
みんな似たりよったりじゃないのか

いや違う
まったく違う
そう すべてが違うのだ
すべてがあまりにも違うので
いつも最初から始めなければいけない
はじめての山に登る時のように
途中途中から見えるだろう景色を想像し
胸が躍る

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://norico0126.blog43.fc2.com/tb.php/227-e79d7292
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

生き方 «  | BLOG TOP |  » 『詩のこころを読む』 茨木のり子

Access Counter

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。