スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テンポ 

2011, 02. 19 (Sat) 02:58

1月にアレンジャーの方に2曲アレンジしていただいた。
ほんっとにすごかった。
ぬくもりのアレンジは、歌詞の気持ちを分かってくださってるのが伝わってきて、間奏では音数が少なくなる。その間奏のなかに大智のバイオリンが入った感じをイメージしてみたら、よちよち歩きの子供を見守る感じのアレンジになっている気がした。ストリングスのアレンジがまたすばらしくて、曲の盛り上がりに合わせて車で歌いながら聞いていて、感動して涙が出た。

そのあと3曲のアレンジをお願いして、全部で5曲、この間仮録りがおわった。

仮録りした一粒の音源が、ちょっとだけテンポが早くて歌詞が伝わりにくい気がした。

そして、メトロノームをならしながらうたを口ずさんで、ディレクターの方とテンポを2だけ下げていただくことにした。

メールで、1下げた69のものと2下げた68の音源が送られたきた。
そしてエンジニアの方は1だけ下げた方がいいんじゃないかとのこと。

きいてみた。

たしかに、2下げた68の音源はなんだかAメロがゆっくりすぎる気がする。
もとの70の音源はサビがあせってきこえる。
69の音源が一番ここちよく聞こえた。

ほんと、エンジニアの方が言われる通り1下げのテンポ69が一番よく聞こえた。

そんなテンポ1下げの感覚をちゃんとじっくり考えてくださる事務所の方に感動して泣きそうになって、思わずブログに書いてしまいました。

そしてそんな感性の方々に自分のCDを作っていただけることが、ほんとに嬉しくて。

そんな事務所の方とお話するたびに、考え方に感動する。
CDの題名、曲順は、とにかくじっくり悩んだ方がいいとのこと。
自分の中でちゃんと意味のある題名にしたいし、ちゃんといろんな角度から曲順を考えて最後まで悩みたいと思う。

こんな風にCDをつくることができて、今まで生きていられてよかったとほんとに思う毎日です。

歌は、今までの自分の全てを感謝の気持ちで歌いたいです。








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。